1/15 ライブ@フランス料理屋Brasserie d’Azur 

ここでのライブはこれで4回目。

前回Voのお姉ちゃんが加わって、4人で。

午後1時から4時くらいまでリハをするんだが、相変わらず難しい曲ばかりでてんやわんや。

結局10曲くらい持ちネタ作って、上板橋駅から徒歩5分、素敵なフランス料理屋d’Azurへ。

 

今日もお客さんはたくさん。

こりゃ頑張らなきゃ、って感じなんだが、難曲ばかりなので早くもテンション下がり気味。

4人で就職活動なんかの話で盛り上がって、1st Stageへ。

 

"My Cherie Amour"と"The Way We Were"が危なかった。

何度かコードを間違えたりするんだが、

意外とこれが難しいテンション載せた複雑な和声に聴こえたりして心地よいのだ。

あはは・・・これだからジャズっていいんだよね!(笑)

まぁ今回はポップス中心の選曲だったけど。

 

続いて2nd Stageはインストオンリー。

ここでお客さんからリクエストが入ったので、急遽"Tenecy Waltz"をやることに。

慌ててみんなでコード譜を作った(笑)

この曲は難しくも何ともないので無難に演奏したんだが、

やっぱエリントンの"Prelude to a Kiss"が難しかったなぁ。

この曲はテーマが美しすぎるから下手にソロ取ると浮いちゃうんだよね。

まだまだ修行がたりんなぁ。

 

んで最後3rd Stageは、"Fly Me to the Moon"以外は全曲危なかった。

ろくにソロも取れないし、構成も何回かミスってしまった。

ほんと死ぬかと思ってバクバクしてたけど、客の受けはまぁまぁよかったので、まー良しとするか。

 

今日のまかないは今までで一番豪勢だった。

牛ステーキとサラダ、魚やら大根やら煮たやつ、赤飯に蟹入り味噌汁、それからビールに泡盛。

いやぁもうほんと最高。至福の時ってやつか。

 

最近フレージングでアウトの仕方をすごく凝るようになったから、

頭ではわかっててもほんと指が追いついてくれない。

練習しよう、練習!それしかない。

 

明後日はCotton Clubでライブすることになったし、1月末にも一つライブを入れてしまった。

期末試験も近いし、どっちも危ういなぁ。

ああ、どうしようどうしよう。。

 

 

演奏曲目

[1st Stage]

On Green Dolphin Street

My Cherie Amour

The Way We Were

Lulluby of Birdland

Killing Me Softly With His Song.

 

[2nd Stage]

Tenecy Waltz

Jeannine

Prelude to a Kiss

Wave.

 

[3rd Stage]

Just the Two of Us

A Natural Woman

Fly Me to the Moon

You’ve Got a Friend

Feel Like Making Love.

 

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

1/15 ライブ@フランス料理屋Brasserie d’Azur  への6件のフィードバック

  1. Unknown より:

    ジャズといったら、サックスやトランペットを連想する人が多いように思われますが、私は、ジャズのピアノが好きです(まだまだジャズを語るに至ってないのですが)。がんばってください!

  2. より:

    セッションてすごいなぁ~・・・そういう環境にいないからあたし・・・ってもできないし・・・あの・・・質問してもいいですか?「Lulluby of Birdland」って歌入れたんですか?それともなしで?なしのときは「シアリング奏法」とかやるんですか?それと「Wave」ってボサノバの名曲ですか?それなら結婚式の2次会で「カシオペア編成」で演奏したことがあります♪スキマをやさしくエレピで埋める感じでやりました。この曲の「F♯7, 13→F♯7, -13→B7, 9→B7, -9」がすごく気持ちいいですね。コードチェンジが半音で移動してるからでしょうか?

  3. 優也 より:

    >ダン・ボールさん 応援ありがとうございます。また遊びに来てくださいまし。>直勇樹さん "Lulluby"のほうは歌付きでやりました。いやぁ、実はこの曲一度も聴いたことがなくて初見でやったのでして。。シアリング奏法でやるのが普通なのかどうかは全然わからないです。。"Wave"はそのとおりです、アントニオ・カルロス・ジョビン(だっけ?)の超有名スタンダードです。そのコードはどこを指してるんだろう・・・?ちょっとわかりませんが、確かに半音進行ですね。7thとか11thもいっしょに半音進行したら楽しそう。

  4. 優也 より:

    KeyがAで、8~10小節目の進行のことかな・・?それなら一応テンションの都合は合うけど。もしそうなら最後のB7(-9)はF9とかで置き換えるとお洒落になりますよん♪違ってたらゴメンナサイ。

  5. より:

    お返事ありがとうございますぅ♪早速ピアノで弾いてみました。あたし、この曲が何調なのか把握するのが苦手で・・・すみませんテーマが「D△7で始まる」でわかりますか?当日の演奏はここに9thを入れておきました。さて、この部分ですがイントロの「Dm7→G/D」を繰り返す手前のコード進行でした。さらに弾いてみたら「F♯7, 13→F♯7, -13→B7, 9→B7, -9  →E7, 9→E♭7, 9」と先の先まで半音進行でした。アドバイスどおり「F7, 9」に変えると、また半音進行ですね!今度はベースが「クリシェ?」してます♪

  6. 優也 より:

    ああ、そっちでしたか。失礼しました(KeyはDってことですね)。でもそこもドミナントモーションだからF9入れられますね。よかったよかった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中