1/28 四たび、ライブ&セッション@Cotton Club

いやー、ほんと疲れた。

結局5時間以上ぶっ通しでセッションやってたなぁ。

調子にのってベースも弾いてしまった(笑)

 

ピアノのD徳さんって人が遊びに来てくださった。

すんげーブルージーなピアノだった。

 

音間違いなんか一切気にしない。

となりの音とか何事も無かったかのように弾きまくってるし。

さらに打鍵が荒いから音色はこの上なく汚い。

フレージングは極めてシンプル。

まるでピアノを壊してしまうかのように、ガンガン弾き続ける。

 

んでも、この独特のノリというか、フィーリングというか。

うわー、これがブルースかぁ、と思わず聴き入ってしまった。

正直、こういうプレイ俺には真似できないなぁ。。

 

でも最近色んな人からもらうアドバイスが

「もうちょっとブルージーに弾けるといいね」とか「ビバップたくさん聴いたら?」とかなんだよね。

俺の目指す音楽は全くを以ってそっちではない。

むしろ現代のクラシックやジャズ・ロックを融合させたような、

つまり、芸術性と大衆性と即興性を兼ねそろえた音楽をやりたいんだ。

でも、やっぱりブルースとかビバップも真剣にやってみるべきかなぁ。。。

 

 

演奏曲目(多すぎて覚えてない。。30曲くらいやった。)

The Days of Wine and Roses

Prelude to a Kiss

Dolphin Dance

Someday My Prince Will Come

There Is No Greater Love

In a Sentimental Mood

All the Things You Are

More

Blues in F

Confirmation

Rhythm Change

My Foolish Heart

Bag’s Groove

The Nearness of You

Have You Met Miss Jones

In Your Own Sweet Way

There Will Never Be Another You

Strollin’

Just Friends

My One and Only Love

Free Improvisation

…etc.

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中