4/18 ライブ@赤いからす

無機定性分析の実験が思ったよりも早く終わって助かった。

 

実験終了後、即行で吉祥寺へ。

何とか6時のリハに間に合った。

すでに他のメンツはだいたい揃ってた。

I真さんはいつも通り遅刻してきた。

 

"赤いからす"に来るのは青学の定演以来だ。

ここのグランドピアノは何でかよくわからんけど、ハイパー弾きにくい。

そして返しの音が生音オンリーだから、さらに演奏し辛い。

しかしこういうところで何食わぬ顔で一流の演奏をしてこそプロなんだろうなぁ、と思う。

 

実際演奏の内容はお世辞でも誉められるもんじゃなかった。

今回は始めてのメンバーだったからみんな顔色伺ってたってのもあるし、

PAがよくなかったってのもあるけど、

でもそれは単なる言い訳にすぎない。

もっともっとリハを重ねて互いの呼吸や意思をよく読めるようになって、

もっと自由な演奏ができたらいいな、と思った。

 

 

 

しかしこの日は俺のリズムがまじひどかった。

こんなことは初めてだった。

弾いてて、お客さんや他のメンバーに本当に申し訳なかった。

 

マスターは俺がいつもの調子で弾けてないことちゃんとわかってくれてた。

また来月ここでやらせてもらえることになった。

次こそは、満足のできる演奏をできるようにがんばろう。

 

 

 

 

演奏曲目

 

[1st Stage]

Bright Size Life

Soon

Stairway to Stars

Afro Blue

 

[2nd Stage]

Nica’s Dream ~ Autumn Leaves (as-pf Duo)

Have You Met Miss Jones?

All the Things You Are

My One and Only Love

Summertime

 

[3rd Stage]

Sing a Song of Song

Prelude to a Kiss

Windows

Affirmation

 

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中