5/27 原朋直 with Gene Jackson@御茶ノ水ナル

お茶なるにtpの大御所・原朋直さんのライブ見に行って来ました。

メンバーは

 

    原 朋直 (tp)

    川村 竜 (b)

    石田 衛 (p)

    Gene Jackson (ds)

 

です。

おぉー外人まで呼んで超豪華なメンツだ~。

 

お茶なるは初めてでした。

入ってまずあまりに狭くてびっくり。

ピアノにテーブルがはりついてる。

うへぇ。

こんな至近距離で見れるのか。

 

 

 

会場はもちろん満員。

立ち見客もちらほらいた。

で、ライブ内容なんですが

 

 

まず原さんはやっぱ上手い!!

貫禄がありました。

テクニックを見せるところ、

おどけた演奏で客の笑いを取るところ、

精一杯歌って聴かせるところ。

さすが一流のミュージシャンだと思いました。」

 

それからベースの川村さん。

ときどき東工大に遊びに来てくれる若手ベーシスト。

最高です。

上手すぎ。

今回のライブではかなり地味な仕事に徹してたけど、

でもときどきさりげなく見せるスーパーテクが光ってた。

もう少しはじけてほしかったけど、原さんとの共演だったから遠慮したのかな。

でもまぁ川村さんすごくよかったです。

いっしょに見に行ったまぶお曰く、今日のベストプレイヤー賞です。

 

ピアノの石田さん。

前々からすごい人だと噂は聞いてた。

いやープロってすごいね。

うまい。

つーかミスがない。

これは経験の差だなーと思った。

4ビートのソロが激うまい。

Cherokeeなんかでスーパープレイを見せてくれた。

リズムが安定してるとこがプロだなーって思った。

しかしバッキングやハーモニーの作り方はいまいち面白くないというか、

ピアノの特性を活用しきれてないように感じた。

あとフュージョンや8ビート系の曲は弾けてない気がした。

まぁ要は縦ノリなんです、俺と同じ。

やっぱ日本人ピアニストはそれで悩んでる人多いんだろうな。

(あと1年くらいで俺も石田さんくらい弾けるようにならないかなぁ。。。)

 

そして今回のスペシャルゲストの Gene Jackson がかなり足を引っ張っているように思えた。

それなりに名の売れたドラマーだと思うのですが

しかし実際はレガートにあまりスピード感がなく、フィルやバースはときどき拍がめちゃくちゃでした。

ベースの川村さんがあわせるのに苦労してた。

あとドラムソロも終わりのフレーズが出てこなかったのか、いつまでたっても終わらない。

止むを得ずリーダー原さんが合図を出してソロ強制終了してそのままテーマへ。

うーむ。

スペシャルゲストねぇ。

酔っ払ってたんだろうか。。。

 

 

まぁしかしプロのライブはやっぱ勉強になりますね。

演奏とかライブの展開の仕方とかすごく上手い。

俺がんばろう。

 

 

 

※ 宣 伝 ※

 5/28, 29 は東京大学本郷キャンパスで五月祭というイベントがあります。

 ジャズ研究会は経済学部(赤門入ってすぐ右前の建物)の地下で一日中演奏してるので

 みなさんよかったら聴きにいらしてください。

 

 

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中