7/9 ハイライトクリスタル@早稲田大学新学生会館

 
 
今日は慶応ライト、中央スウィングクリスタル、早稲田はハイソの合同イベントでした。
 
おれはライトのピアノで弾いてきました。
 
今回はリハは2回くらいしか出てないし選曲は難曲ばかりということでかなーり緊張していました。
 
演奏前にたくさんの人に声をかけられてさらに緊張。
 
 
 
一曲目"Temenos"ではやくもハプニング発生。
 
ピアノソロは3コーラスって決めてあったはずなのに
 
管楽器のバッキングが所定の位置で入ってこない。
 
でもおれは管楽器から一番遠い位置にいて、さらにピアノの返しの音がうるさかったので、
 
ボントロが正しい位置で入りそびれたことに気づかなかった。
 
そんなわけで俺だけ次に進んで、残りの人たちはピアノソロ4コーラス目のつもりだったらしい。
 
まぁ途中で気づいてあわてて戻ったけど。
 
なんてこったい。
 
 
 
二曲目・三曲目は大きな問題はなく終わる。
 
ところが四曲目"Blue Note"に入ろうとしたときベースの譜面台が倒れて、
 
セロテープでとめてあった楽譜が全部バラバラに。
 
うへぇ。。
 
 
 
みんながあわてて修復作業をしてる間あまりにヒマだったので、
 
BGMっぽくショパンの「別れの曲」を弾いてみた。
 
予想通り客は湧いてくれた。
 
途中でやめて今度はジャズ弾こうと思ってストライドっぽい奏法で"Manhattan"を弾いた。
 
3コーラス目に入ったときちょうど向こうの準備が終わったようなので、あわてて強制終了させる。
 
お客さんはみんな大喜びで、ものすごく暖かい拍手をくれた。
 
やった。
 
 
 
それで四曲目"Blue Note"。
 
わけのわからん曲です。
 
譜面とにらめっこしながら一生懸命弾きました。
 
途中で会場の電気が消えて真っ暗になった。
 
超びびった。
 
そのせいもあって2、3回ロストしました。爆
 
 
 
最後はアンコールでSammy Nesticoの "Ya Gotta Try" を演奏。
 
冒頭のピアノソロはやっぱり2コーラスもらって正解だった。
 
これはかなーりうまく弾けたように記憶してる。
 
 
 
まぁなにはともあれ無事終了してよかったです。
 
ハプニング多かったけど。
 
 
 
 
 
 
 
[演奏曲目]
 
 
Temenos
 
Days of Wine and Roses
 
Shiny Stockings
 
Chopin Etude op.10-3 (Pf solo)
 
Manhattan (Pf solo)
 
Blue Note
 
Ya Gotta Try
 
(紳士になること。)
(我慢すること。)
(何事も全力でがんばること。)
広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中