7/19 セッションホスト@高田馬場”Cotton Club”

 
今日は女性ベーシストS藤えりかさんとのお仕事でした。
 
彼女は非常にすばらしいベーシストです。
 
耳もいいしリズムもいいし、なんと言ってもベースソロがすばらしい。
 
繊細かつ大胆なソロをめいっぱい披露してくれました。
 
 
 
それからピアノの橋本さんが遊びに来てくれた。
 
彼は文学にかなり通じているということが発覚。
 
先日ふとしたきっかけで読み始めた池澤夏樹さんの話で盛り上がりました。
 
おれは今まで文学の世界とは全く無縁な人生を歩んできたけど、
 
最近そっちのほうにすごく興味が湧いているのです。
 
面白い話をいっぱい聞くことができて楽しかった。
 
 
 
それからベースのNさん。
 
名前忘れた。
 
現在はニューヨークを中心に音楽活動している人らしい。
 
何というタッチの強さ、音の重み、存在感、そしてメロディーの個性!
 
男女差別だって言われそうだけど、女性とは思えないパワフルな演奏に一同びっくり仰天でした。
 
 
 
 
 
最後に、自分の演奏について。
 
今日の演奏は、とにかく音楽としてまとまった演奏をすることを意識しました。
 
細部は、だいたい想定どうりにまとまった演奏。
 
全体を通して見てみると、むしろストーリー展開に乏しい演奏。
 
って感じだったかな。
 
一応今回の演奏は成功ってことにしておこうかな。
 
ストーリー展開ってのが次の課題になりそう。
 
 

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中