12/4 小林2@草加”Sugarhill”

 

ギターとのデュオという最も難しい形態でのアンサンブルでしたが、

この日は大変充実したライブができました。

 

リハは遊び弾き程度で終わってしまって、

だらだらとした中途半端なインタープレイがあったりしたので多少心配もありましたが、

いざライブが始まってしまえば勝手にテンションが上がって互いの息もあってくるものです。

 

1曲目のブルースからぶっ飛ばして、小林氏のオリジナル曲を中心に面白い演奏がたくさんできました。

彼はギターと尺八を持ち替えて演奏してました。

この尺八の音色がまたなんとも言えず。

フルートに似てるんですが、何せ穴が数個空いてるだけの竹の棒でして、

その不安定な音程や音色がなんとも言えず気持ちいいのです。

 

2nd Set は芸大のオーボエのお姉ちゃんや独協大卒のパーカッショニストが飛び入り参加して、

クリスマスソングなどを演奏しました。

オーボエの音、非常に心地いいですね。

パーカッションも尺八の音色と絡み合って、見事な"和風"サウンドを作り出してました。

とても素晴らしいライブでした。

アンコールでは"ジングルベル"をみんなで演奏して、久しぶりにストライド奏法などもやってしまいました。

オーナーもお客さんも「よかった!すごかった!心に訴える音楽だった!」って言って喜んでくれました。

楽しかった~!

 

Sugarhillではまた3月にライブさせてもらうことになりました!

次回もこんな感じの熱いライブができたらいいなぁ、と思っています。

では今日はこの辺で。。。

 

 

 

演奏曲目

 

[1st Set]

Billie’s Bounce

昼休み

Monk’s Dream

フルーチェ

Das Improvisierte Gericht

 

[2nd Set]

There Will Never Be Another You

Ghost Tears

The X’mas Song

Spain

Ballade for A

渡良瀬

(Enc.) Jingle Bells

 

 

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中