1/24 Mike Stern Band @ Blue Note Tokyo

ブルーノート東京、久しぶりに行ってきました!

メンバーは

  Mike Stern (gt) 
  Dennis Chambers (ds)
  Anthony Jackson (b)
  Bob Franceschini (ts)

 

と何とも豪華な顔ぶれ!!

ネット上でもかなり評判良さげだし、ワクワクドキドキで行きました!

まぁしかし結果的には満足度50%というところでした。

デニチェンは期待通り(以上)のことをやってくれたんですが、残りのプレーヤーが。。

マイキーは8分音符がイマイチのれてないから曲がなかなか盛り上がらない(逆に肝心なところで盛り下がる)し、

フランセスチーニにいたってはぐちゃぐちゃ弾きばかりでメロディーが全然歌えてない。

8分音符が突っ込みすぎてて全く心地よくない。

アンソニーは曲によってはすごいグルーヴみせたものの、

4ビートなどうまくデニチェンのビートに合わせきれてないのが気になりました。

そしてこのバンドはどこからどう見てもデニチェンバンドだった。

デニチェンはやっぱすげ−。

最後の曲の意味不明なポリリズムは何度聴き返してもわかんないと思う。

とりあえず大迫力のデニチェンを生で見れたので、4200円分の価値はありましたが。

世界一流のプロって言うくらいなんだから、もうちょっと満足の行く演奏を聴かせてほしかったです。

余談ですが、いま流行りの脳年齢測ってみたら43歳でした。

単語の記憶が7個しかできなくてすげー萎えました。

ブルーノートのあとは東工大部室に行って、

「パイレーツ・オブ・カリビアン」見るものの途中で眠気が襲って来てリタイア。

つづいて「笑の大学」も鑑賞。

こっちはがんばって最後まで見ました。

いまいち間が悪くて微妙なシーンもあったけど、話の展開も意外性があって面白く、

スピード感も徐々に増す展開で、よくできた映画だと思いました。

ちょうど今日のマイキーバンドみたいな印象でした。

 

そして今から英語Iのテスト。

どうか死亡しませんように。

 

広告

若井優也 について

jazz piano, mathematics, igo, shogi.
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中